こんにちは!院長の牧野です。

さて、今回は何かを継続して習慣にしようするときに「毎日やる」のと「週3回やる」のではどちらの方が適切なのか?ということについてお話します。

継続するなら「毎日」だ!

結論から先に言ってしまうと、僕の答えは「毎日」やることです。

例えば、健康のためにウォーキングを始めようとしているとします。そのウォーキングを週3回やる場合と、毎日やる場合を想像してみましょう。

おそらくあなたは週3回のほうが良いと思うのではないでしょうか?適度に休みが挟めるし、毎日なんてさすがに無理…と。

週3回にするということは、例えば月・水・金にウォーキングをやる日。あとはお休みにする。と、決めたりしますよね。つまり、やる日とやらない日ができるわけです。そうすると何が起きるかと言うと、やる日(月水金)がすごくストレスになってくるんですね。他の日はお休みなのでラク。だから、やる日は「やらなきゃ〜」という気持ちと昨日のラクさを覚えているので「今日も休もうかな…」という葛藤が始まってしまうわけですね。

人は「やらない理由」を探すのが得意!

さらに言うと、人は何かやろうとしてそれを億劫に思った瞬間にやらない理由(できない理由)を探し始めます。「ちょっと体調が…」「忙しくて時間が…」「今日は〇〇に行かないといけない…」などなど。

どうにかしてやらない自分を正当化して、「やらなかった」ではなく「やろうとしてたけど、やれなかった」という考えにすり替えてしまうんですね。あなたにもご経験があるのではないでしょうか?僕はめちゃくちゃあります!笑

「毎日やる」には葛藤がない

では、毎日やると決めた場合はどうなるでしょうか?

まず週3回と決めた場合のような葛藤はありません。「毎日やる」のですから。選択肢がそもそも無いですよね。笑

もちろん毎日やるのは非常に、ひじょーーに大変なことだと思います。毎日が同じではありませんので、昨日できた時間に今日もできるとは限りません。予定のある日もあれば無い日もある。暑い日もあれば寒い日もあります。雨の日も風の日もあるでしょう。それでも毎日やるのです。

するとどうなるか。体がウォーキングをやらないと気持ちが悪いという感覚になってきます。そうなれば習慣化に成功したと言って良いでしょう。

やらない理由探しより、やるにはどうする?探しを!

最初のうちは毎日やらなきゃ〜というストレスを感じながらやることになると思いますが、元からやらないという選択肢はありません。なので考えることはどうしたら時間の無い日もできるか?雨の日はどうしようか?というところになってくると思います。

やらない理由を探すよりも、どうやったらできるのかを探す方が健康的で楽しいと思いますよ。

ちなみに僕はこのブログも毎日書くと決めているのですが、やっぱり大変…。なかなか書いてる時間が無いときもあるのですがそこで、どうするかを考えた結果、スマホでやれるようにすればどこででも書けるじゃん!となりやれない理由が無くなってしまいましたとさ。

セントラル整体院のお友達登録をよろしくお願いします!

ウォーキングを習慣にするには、「毎日」と「週3回」どっちが適切?” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。