こんにちは!子どもがプールの練習をするところわわ見ながら、「うちの子が1番うまい」と奥さんに報告した院長の牧野こと親バカです。

さて、今回は〇〇と肩こりについて、以前に来院されたお客様の症状と施術内容をご紹介したいと思います。

今回のお客様は右側の首肩こりと腕のだるさが主症状でした。

このお客様は以前から来院して頂いており、前回の施術では色々と方法やアプローチを変えてみましたが、少し良くなる程度でした(首や肩甲骨まわりのほぐしたり、筋トレなど行った)。

そこで、今回はもう一度、筋力チェックをしてみると右側の肩に力が入りにくい(力が抜ける)状態であることがわかりました。

腕や肩まわりに力が入りにくいことで考えられるのはやはり首の問題です。

このお客様は前々から首の調子は悪かったのですが、最近は首よりも腕や肩周りのだるさに悩んでいました。

しかし、問題の原因はやはり首なのですが、首の施術は前からやっていたところなので本当の原因が掴めずにいました。

そんな中、あることに気付きます。若干の顎(あご)のゆがみです。僕はそのお客様に硬いものを食べるのは好きですか?と聞くと、歯応えのあるものが好きでよく食べるとの回答。しかもなんとなく右側でよく噛んでいたことが判明しました。

ということで、首をほぐすのではなく、今度は顎の筋肉をほぐしてみることにしました。

すると、これがなかなか反応が良かったのです。今までで一番スッキリした感じ!と喜んでいただけました。

皆さんも、硬いものをよく食べる場合は首肩こりにお気をつけくださいね!