内臓、経絡整体担当渡辺です。

今回は子供関係の話…


息子は3年生から5年生まで少年野球、5年6年は
ボーイズリーグの硬式野球、中学は同じボーイズの中学部、高校野球と10年野球をやっていました。
私はそこではいつも渡辺母、と呼ばれていました。

当番の日は1日中付き添い、お茶、指導者のお弁当準備、夏は氷に冷たいおしぼりなど、
他にも遠征車出し、グランド予約、イベント、写真撮影などしながら、時に心折れる息子を支え毎週ほぼ休みなく、平日夜ナイター練習の迎えに行き、頑張ってようやく高校野球、高校では当番がなく楽でしたが役員になり、中学よりさらに遠い県外への遠征に毎回出向き、新入生歓迎会、夏大会前の鶴文字作成、壮行会などの準備など、自分の力量以上に頑張りました。

息子が1番頑張ったかもしれませんが、私も夫も体育会系と無縁だったので、息子は苦しくても好きだからやっている、私は辛く苦しいだけ、と思っていました。
それでも終わってみると辛かった事より楽しかったこと、笑えた事が思い出に残っています。

節目節目で良い指導者に出会えた事、役員仲間が本当に楽しい人達で助け合えた事、息子も今はたぶん達成感を感じているだろう事、などで昇華できたのかもしれませんね。
今はがんばってやりきって、よかったな〜と思っています。

もし、今、あなたがお子さんの習い事などで大変な思いをしていらっしゃるとしたら…

きっと、終わったあとには大変だったことよりも楽しかった思い出が残っているはずなので、それを楽しみにしてみてはいかがでしょうか。

LINE@や専用予約サイトでカンタン予約

※短縮営業により平日は夜21時まで。
土日の営業は10時から また夜間の営業はありません。ご注意ください。