おはようございます。
庭の柵の工事が思ったより大掛かりになりそうなので、兄と父親に作業を丸投げした院長の牧野です。
#持つべきものは家族
#お前はモノ作りに向いてないと父に斬られる
#体を使って頑張ります

さて、今回は「大人になって努力するということ」について僕の考えてることをお話できればと思っています。

僕は小学生の頃からサッカーを始めました。当時はまわりの子たちよりも少し体が大きくて、少し足が速かったしチームメイトの人数も少なかったのでいつもレギュラーとして試合に出ていました。

中学生の時は中学校のサッカー部には入らず、クラブチームに所属していました。そこには自分より大きい人もいれば足の速いやつもいる。テクニックがあって体は小さいけれど単純にサッカーが上手いやつもいました。

高校に上がるとそれはさらに明確に…。

県立高校でしたが、比較的サッカーの強い高校を選んだので、推薦で来ているようなやつらばかり。

結果的にレギュラーにはなれず、高校でサッカーを辞めてスポーツトレーナーの道に進むことを決めました。

今、考えればレギュラーになるためには絶対的に努力が足りなかったし、遡れば小学生の時からもっと努力してやっておけば良かった、、、と少し後悔もしています。

では、何をすれば良かったのだろう?どんな努力をすれば良かったのでしょうか。

サッカーですから、走り込みも必要だし筋トレも大事。しかし、当時の僕は圧倒的にサッカーの技術と、サッカーというもの自体の知識が足りなかったように思います。監督の考えていることが分かっていなかったというのも問題でしょう。

今になるとそういったことが分かるし、じゃあどうするべきで何を考えるべきだったかも分かります。

これは大人になってからも大事だな~って、ふと考えていました。
どうすれば自分の目標に到達できるのか、お金を稼げるようになるのか、出世できるのか。

サッカーであれば、ボールにたくさん触り、キックや技術の練習をする。サッカーのビデオを見て研究する。監督の考えていることを聞いてみる…など色々と思いつきます。

しかしながら、大人になってくると日々の仕事に追われてしまうんですよね。自分のやりたいことや目標は後回しでその日を生きてしまうわけです。
本当はもっとやらなければいけないことがあるはずなのに。

大人になって努力をするということの意味が違ってきてしまっているように思いました。
最近の僕は朝から晩まで仕事をこなしているだけで、努力してる、頑張ってると思ってしまっていました。

サッカーだったら、サッカーの試合をするのは当たり前で、チームの練習をするのは当たり前。人との差を埋めるにはそれ以外の時間で何ができるか、してきたか。

コロナ休業の期間に色々なことを考える時間ができて、大人になってからの努力のやり方が違っていたことに気づきました。根本的な見直しが必要そうです。

ここからが本番!めちゃくちゃ努力してやります!!

進行中のプロジェクトはこちらから

院長 牧野徹也(まきのてつや)

痛みの改善が得意です。
  • ボディメンテナンスコーチ 
  • 鍼灸師・マッサージ師 
  • アスレティックトレーナー

子どもの頃よりサッカーに熱中する。高校卒業後、スポーツトレーナーを目指し専門学校へ進み、鍼灸マッサージ師の資格を取得。高校や大学のチームに帯同し経験を積む。セントラル整体院開院までの4年あまり、横浜市内の整体院で院長を務めながら、セントラルスポーツでのインストラクターも行う。現在も、時折、レッスンを行っています。

牧野院長のブログから最新記事をご紹介