呼吸について by渡辺

施術をしていると、「呼吸が浅い」状態の方がとっても多い事に気付かされます。多いだろうなとは思っていましたが、予想以上に多く、その状態が長く続いてるようでした。

肋骨を意識して開いたり、深い呼吸を意識したり、なかなかする事がないかもしれませんね。
おすすめしたいのはヨガですが、自分に合った強度で、というのは判断も難しく、敷居が高かったりするかな…

動画に、腹式呼吸編があるのでよかったらやってみて下さい。お腹のインナーマッスルを鍛える目的でのせているので、肺となるとちょっと違うのですが…

この腹式呼吸をやったあと、肋骨に手を当てて胸いっぱいに、背中まで酸素を入れる感じで息を吸い込み、ちょっと息をとめて、それから肋骨を少し手で押しながらフーっと全部吐ききるのをおすすめします。

中医学では、肺が弱ると鼻や皮膚に影響が出ると考えられています。
鼻水、鼻詰まり、嗅覚の異常、こんな症状や、喘息になったらアトピーも出る、などは肺が変調をきたしている、と。

気、血、水でいうと、気の巡りは肝が関係していますが、肺は肝を補助していますので、肺が弱ることは気の巡りが悪くなる事につながり、血の巡りも悪くなります。

意識して深い呼吸…大事ですね。

進行中のプロジェクトはこちら

関連記事

  1. 絵本について by渡辺

  2. 大人になって努力するということ

  3. 薬膳(梅、ビワ、らっきょう) by渡辺

  4. 家での過ごし方

  5. 薬膳

    薬膳(寒熱) by渡辺

  6. 西洋医学と中医学 by渡辺

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。