おはようございます!院長の牧野です。

皆さんは今どんなことに時間を使っているでしょうか?

セントラルウェルネスクラブ成瀬店が休業してから、約2ヶ月間。スポーツクラブに通っていた時間は家で過ごす時間に変わり、お友達とおしゃべりしていた時間はテレビを眺める時間などに変わってしまったことと思います。

もちろん、今回できた時間で今までやれていなかったことに手を付ける人もいれば、色々なことを考える時間に使っている人もいるでしょう。

今のうちにあれをやろう!これをやろう!と張り切っていた人もいるかもしれませんね。

そんな日々も、昨日の緊急事態宣言解除により2カ月前以前のような日常が一気に戻ってくるでしょう(完全に元通りになるとは思えませんが…)。
そこで戻ってくるであろう日常に向けて、「やらないこと」を決めてみてください、というお話です。

例えば、この自粛期間は家で過ごすことが多かったでしょうから、ただテレビを眺めてるだけの時間があったとします。
でも、他にすることがないので時間を無駄に使ってしまった感覚はない。
しかし、これが元の生活に戻っていってもテレビを眺める時間はそのままだったりします。すると、あれ!時間がない!ということになってきます。

つまり、緊急事態宣言が解除され日常が戻ってこようとしている今こそ、こ自粛期間で身に付いてしまった無駄に使っている時間を見直して、やらないことを決めた方が良いということです。

テレビをだらだらと観ない。お菓子ばっかり食べない。国や東京都に文句ばっかり言わない。とか(笑)

やらないことを決めることで、それをやっていた時間に何をしようか?と考えることができます。ここをサボると惰性で生きていってしまいます。

スマホが苦手な方は克服する時間に使ってみましょう。得意な方はお友達に教えてあげましょう。
必ず、スマホやオンラインといった今まではあまり必要としていなかったものをやらざるを得ない状況になってきます。いや、もうなっています!

今までなんとなく時間を使ってしまっていたことに対してやらないこと決めて、時代の変化についていく準備をしましょう!

進行中のプロジェクトはこちら

オンライン整体はこちらから

院長 牧野徹也(まきのてつや)

痛みの改善が得意です。
  • ボディメンテナンスコーチ 
  • 鍼灸師・マッサージ師 
  • アスレティックトレーナー

子どもの頃よりサッカーに熱中する。高校卒業後、スポーツトレーナーを目指し専門学校へ進み、鍼灸マッサージ師の資格を取得。高校や大学のチームに帯同し経験を積む。セントラル整体院開院までの4年あまり、横浜市内の整体院で院長を務めながら、セントラルスポーツでのインストラクターも行う。現在も、時折、レッスンを行っています。

牧野院長のブログから最新記事をご紹介