体に潤いを与える食材といえば乳製品。
乾燥対策、美肌効果、便秘にも、体力回復にも。

経絡(けいらく)でいうと肺にも良く、チーズは肝にも、ヨーグルトは大腸に、牛乳は心にも効きます。

体の中に水分を保つ働きが強いので、普段から水分を溜め込み排出しにくく、むくんでいるような体質の人には、そのむくみを悪化させてしまうので向きません。

私も排出しにくく、むくみやすいので乳製品は摂りすぎないように気をつけていたのですが、自粛生活が始まり、重い荷物を持って長時間歩く事もなく、毎日緩やかにストレッチやヨガをしていたら、むくみがなくなってきて、お肌や髪の乾燥が気になりだしたので乳製品を毎日摂るようにしてみました。

2週間くらいたつと、肌や髪の乾燥が気にならなくなりなんとなく体も前より調子が良さそうです。

漢方ではなく食べ物での体質改善は緩やかで時間もかかりますが、ちゃんと効果は現れます。
乳製品で体が潤うということは単純に乾燥対策だけではなく、体に必要な水分が増えて血も増やすことができ、巡りもよくなる、ということにつながります。

試してみたいけど体質に合うかどうか…と思った方、しばらく摂取してみて胸がつかえるかんじ、胃が重だるい感じ、があったらやめるようにしてくださいね。

自分の体を中から観察、食べ物を考え、続けてみてまた観察、これってメンタルにも影響してくるような気がしてます。

ほんのちょっと、感情のコントロールがしやすくなったような…なってるかな。どうかな。

進行中のプロジェクトはこちら

渡辺晶子(わたなべ あきこ)

未病のうちにゆがみや滞りをとりましょう。

  • 日本中医食養学会認定薬膳アドバイザー 
  • キネシオテーピングトレーナー
  • 内臓調整
  • 経絡温熱療法

自身の体調不良が慢性的になったことを契機に、ヨーガや気功をやるように。やがて、ストレスと体調不良の関係をさぐっていくうちに、中医学や薬膳と出会う。現在は、カイロプラクティックの手技や経絡整体で体を温めながら弱った内臓の機能を回復させる経絡整体をメインに担当。内臓マッサージもやっています。

スタッフ渡辺の最近の投稿