おはようございます!セントラル整体院の院長牧野です。

今回は「脊柱管狭窄症」についてのお話です。脊柱管狭窄症は今、かなり多くの方が悩まれている病のひとつです。
ここではまず、「脊柱管狭窄症」って一体何?というところを知っていただければと思います。

▼どんな病気なのか?

脊柱管狭窄症とは、読んで字のごとく脊柱管(せきちゅうかん)が狭くなってそこを通る神経が刺激されることで、様々な症状を引き起こしている病です。

背骨は1つずつが上から下まで連なっています。ガイコツ模型をイメージしていただくと分かりやすいですね。
その背骨一つひとつには穴が開いていて、それが連なることで管が出来上がります。これが脊柱管。そこを脊髄や神経が通るのです。

▼症状はどんなものがある?

症状は色々とありますが、あくまで参考にしていただければと思います。
ほとんどの症状に当てはまっていて、普段からとてもツラいという方はお医者さんの診察を一度受けてみることをオススメします。

首の狭窄症で起こりやすい症状
・首が痛くて上を向けない
・しばらく上や下を向いていると手や腕がしびれてくる
・ボタンのとめ外しや、箸使いが不器用になった
・字がうまく書けなくなった

首・腰の狭窄症で起こりやすい症状
・歩いていてつまずくことが増えた
・脚がもつれる
・おしりから脚にかけてしびれや痛みがあり、長く歩けない
・足裏がしびれる
・手足の力が入らなくなる(脱力)

起きやすい症状は色々ありますが、腰の脊柱管狭窄症での症状として特徴的なのが「間欠跛行(かんけつはこう)」と呼ばれるものです。
これは簡単に言うと、「長く歩けない」という症状です。歩いているとだんだん腰が痛くなって座りたくなる。座ってしまえば痛みが楽になるので、また歩き出すことができる、という感じです。

よく、道の端で腰かけている年配の方を目にすることがあります。
そういう方々の多くはこの「間欠跛行」の症状が出ているのではないかと想像できます。

▼どうやったら治るの?

ここでは整形外科での対処方法をご紹介します。
整体院でも脊柱管狭窄症と診断された方がよく来られて施術もしますが、それはあくまでもお医者さんの診断を受けてからというのが原則です。

なので、整形外科ではここまでなら保存療法、ここからは手術を検討すべきというところ知ってもらえればと思います。

保存療法
・投薬での薬物療法
・温熱・運動・牽引などの理学療法
・頸椎カラー(首を固定するやつ)など器具を使う方法
・ブロック療法(ブロック注射など)

手術検討
・保存療法を3ヶ月続けても症状が改善しない場合
・重度の手指のしびれ
・麻痺
・歩行障害
・排尿、排便の異常
これらが出てきたら要注意です。かならずお医者さんの診断を受けるようにしましょう。

ちなみに、痛みが良くなれば治った!と思いがちですが、脊柱管狭窄症の場合の「治る」は「狭くなった脊柱管が広がる」ということですのでくれぐれもご注意くださいね。

整体院では診断をすることができません。是非とも一度はお医者さんの診察を受けてみて、運動療法(保存療法)で様子を見てもOKという場合は整体院での施術も可能となります。

今回は「脊柱管狭窄症」について簡単にご説明しましたが、またさらに詳しいお話もできればと思っています。
元気で健康な老後を過ごすために、今からできることをやっていきましょう!

それでは、また!