おはようございます!セントラル整体院院長の牧野です。
今回は「コロナ太りの解消法」についてお話していきます。

▼空腹時の運動

2020年4月7日に出された緊急事態宣言により、様々なところのお店が休業を余儀なくされ、外出を自粛して、家で過ごす時間が格段に増えた約2カ月間

家で過ごす時間が増えれば、活動量は減ります。でも、食欲や空腹感はなかなか減らず外出自粛のストレスも相まって、色々と食べてしまったのではないでしょうか?

実は僕も、この2ヶ月間で約2.5㎏も増量してしまいました。体重計に乗ったら過去最高の数字を示しており、そりゃあもう驚いた~…

ということで、そんな方がおそらくめちゃくちゃ多いと思います。
そんなあなたへオススメなのが、「空腹時の運動」です。

▼空腹感を作り出しているのは

そもそも空腹感を作り出しているのはどこでしょうか?答えは「脳」です。胃ではありません。
空腹感を感じるのは血糖値が下がってきたことを脳が察知するからです。
脳にとってのエネルギー源はブドウ糖だけです。これが不足しないよう、空腹感を作り出して食事をするようにさせて血糖値を一定に保っています。

つまり脳が一定以上の血糖値を保っていれば空腹感を感じることはないわけです。食事をせずに血糖値を上げることができればダイエットできるということです。

▼食べずに血糖値を上げる方法

そんな方法があるのかというと、それが「空腹時の運動」なのです。

え?空腹ってことは血糖値が下がってるってことでしょ?
それなのに運動なんてしたら余計に血糖値が下がっちゃうんじゃない?

こう思われるかたも多いでしょうが、これも脳とカラダ本来の機能を使います。

血糖値が下がっている状態で運動するとさらに血糖値が下がってしまうのは当然です。しかし、人間はそれを防ぐために肝臓と内臓の周りにある「脂肪」を糖に変えて血糖値が下がるのを防ぐようになります。
脂肪が燃えるタイミングはココだった!というわけです。

当然、食後の運動では摂取した糖からエネルギーを使うので内臓周りの脂肪は使われません。また、空腹時での過剰な運動は危険なので止めてくださいね。
もし、空腹感が気になりすぎてストレスになる場合はアメちゃんを1つ食べてから運動すると気が紛れて良いかもしれませんね!

空腹感が出てきたタイミングで運動するのが最もベストなタイミングであるというお話でした。

明日は「空腹感」についてのお話をしようと思っています!

それでは、また!

ホットペッパーで24時間ご予約OK!

Hot Pepperからでもご予約が可能になりました!こちらは、空いている日時を確認しながら、ご都合のよい日時でご予約が24時間可能です。施術者のご指名も無料です。IDを作成すれば、2回め以降のご予約もよりスムーズです。

ID @hey1020s

体操動画やオンライン情報が届きます!

下の「LINEでお友達追加ボタン」をタッチしてLINEにセントラル整体院をお友達追加してください。

パソコンの方は、お手持ちのスマートフォンでアプリLINEを開き、左のQRコードをスキャンしてお友達に追加してください。