おはようございます!セントラル整体院院長の牧野です。
今回は、現在勉強中の脳科学のお話です。僕のアウトプットにお付き合いください…。

▼脳の疲労

今日は何もしてないのに、なんだか疲れたなぁ~って時ありませんか?
それは身体の疲れよりも脳の疲れなのです。

僕は整体院での施術をしているとき以外には、よくパソコンをいじっています。
パソコンが得意なわけではないのですが、結構好きなんですね。
こうしてブログを書いたり、ホームページを更新したり、頭の中で考えたことをパソコンにメモしていったりしています。

時々、昼間の予約が全然無くて、夜にだけ入っていたりするとずっと何かしらパソコンでやっています。すると、夕方になって施術もしていないのにすごい疲労感があったりするんですよね。
カラダは使っていないのになぜか疲れている…。これはなんでなのだろう?と。

その答えが、今勉強中の瞑想の本に書いてありました。

▼脳は勝手に疲れていく

こんな経験はないでしょうか?
あの時、あの人に言われた、あの一言が頭から離れずずっとイライラしたりモヤモヤしてしまう。
今は考えてもどうしようもないと分かっているのに、不安になってずっとそのことが頭の中で思い出されては消え、また思い出す…。みたいな。

ちなみに僕は、今言ったようなことがよくあります。案外クヨクヨ悩んだりしてるんです。笑
で、こんなことを考えていると脳はどんどん疲労していくらしいのです。
さらに言うと脳は何も考えていない、ボーっとしてる時でさえも疲労していくのです。

瞑想の本ではデフォルト・モード・ネットワーク(DMN)という脳の回路が関係していると言います。
DMNは脳の各部分から成るのですが、これが脳のアイドリング状態を起こします。「心がさまよっているときに働く回路」なんて言われるようです。

そしてDMNのエネルギー消費量は、脳の全エネルギー消費の60~80%をも占めると言われています。
このDMNが脳のエネルギーの最大の浪費家だったのです。頭に浮かんでは消えていくアレやコレがたくさんあればあるほど脳は疲労していくんですね。

▼ひとつに集中しろ!

つまり、ボーっとしていても脳は疲れていくし、そういうときほどどうでもいいようなことや考えても仕方のないことを延々とぐるぐる考えてしまったりします。

そんな時は運動や何かの手作業など、ひとつ集中できるものを持っておくと良いかもしれません。
瞑想の本では、そういった雑念(どうでもいいことを考えてしまう)を消すために瞑想の練習をすることを勧めています。

もう少し僕の瞑想への理解が進んだら、またここで共有させていただきますね!
そして、ゆくゆくは整体院で一緒に瞑想をやりましょう!!

それでは、また!

院長 牧野徹也(まきのてつや)

痛みの改善が得意です。
  • ボディメンテナンスコーチ 
  • 鍼灸師・マッサージ師 
  • アスレティックトレーナー

子どもの頃よりサッカーに熱中する。高校卒業後、スポーツトレーナーを目指し専門学校へ進み、鍼灸マッサージ師の資格を取得。高校や大学のチームに帯同し経験を積む。セントラル整体院開院までの4年あまり、横浜市内の整体院で院長を務めながら、セントラルスポーツでのインストラクターも行う。現在も、時折、レッスンを行っています。

牧野院長のブログから最新記事をご紹介

ID @hey1020s

下の「LINEでお友達追加ボタン」をタッチしてLINEにセントラル整体院をお友達追加してください。

パソコンの方は、お手持ちのスマートフォンでアプリLINEを開き、左のQRコードをスキャンしてお友達に追加してください。