おはようございます。セントラル整体院院長の牧野です!

今回は「SNSコミュニケーション」というテーマでお話したいと思います。
SNSコミュニケーションという言葉が実在するのかは知りませんし、そもそもSNSというものがコミュニケーションツールであるのですが…笑

▼SNSの使い方を見直す

今、セントラル整体院ではFacebookやYouTube、インスタグラムなど使えるものは使ったれー!という感覚でやってみています。

ただ、最近思っているのは、単にそれらを使って発信しているだけでは誰にも届いていないということです。
Twitterなどもそうですが(Twitterは個人的に使ってます)、自分の事や自分のお店などをアピールしたくても多くの発信に自分の発信が埋もれてしまう。結局、誰にも見つからず、その発信は無かったことになってしまっているわけです。

僕が今こうして書いているブログだって、読んでくれる人がいなければ、読んでくれる人に届かなければ意味がないんですよね。
では、自分の発信を伝えるためには何をしたら良いのでしょうか?

▼SNSだけど個人とつながる

結論を言ってしまうと、SNSのツールを使って大勢に向かって発信するのではなく、個人と個人とつながっていく事がこれからの時代は重要みたいです。

僕の専門学校時代の友達がFacebookを使って、自分がやっていることや考えていることを発信していました。彼女のコメント欄には多くのコメントがついていて、しかも一つひとつのコメントに丁寧に返信しているのです。

きっと、彼女のお店(エステらしい)に行ったことがない人も好感をもつんだろうな~と考えながらコッソリ見ています。

自分も彼女を見習って、ただ発信するのではなく個人とつながれるツールとしてFacebookやTwitterや、YouTubeなども含めて活用していこうと思います。

▼役に立つより、体験談を

自分が誰かの文章を読んだり、話を聞いているときって教科書的な内容だとすぐに眠くなってしまいません?
でも、文章や話の内容がその人の体験談になった瞬間、すごく興味が湧いて真剣に読んだり聞いたりする。その感覚って自分が何かを発信しようとした途端忘れちゃうんですよね。

役に立つ内容なら読んでくれるんじゃないか、と。
で、その内容が教科書的なものだったとしても多くの人に見てもらえるんじゃないかと考えちゃうんですよね。

でも、僕自身のことを考えたら、本当に読んだり聞いてみたいのはその人が体験してきた物語だったりします。
なので、聞きたくなってもらえる体験談、エピソードをたくさん作っていくのがこれからのSNS活用には大事ですね!

頑張ります。

院長 牧野徹也(まきのてつや)

ボディメンテナンスコーチ/鍼灸師/マッサージ師/アスレティックトレーナー

担当メニュー:ボディメンテナンスコーチング 

子どもの頃よりサッカーに熱中する。高校卒業後、スポーツトレーナーを目指し専門学校へ進み、鍼灸マッサージ師の資格を取得。高校や大学のチームに帯同し経験を積む。
セントラル整体院開院までの4年あまり、横浜市内の整体院で院長を務めながら、セントラルスポーツでのインストラクターも行う。現在も、時折、レッスンを行っています。

JR線 成瀬駅目の前
町田市成瀬が丘2−28−1
電話・LINE・ホットペッパーでご予約ができます。

どこでも整体院(移動整体院)について、詳しくはこちら