どうも!セントラル整体院の牧野です!

前回、肩の痛みで来院されたお客様の施術について書かせていただきましたが、今回はその続きです。

▼肩の痛みのSさん再び

一時的には肩の痛みが良くなり、巻き肩状態が改善したSさんでしたが「また肩が痛くなってきた!」ということで再び来て頂きました。

現在の「状態としては、水泳のクロールが痛くてできなかったけど、少しずつできるようになってきた!」とのこと。しかしまだ痛みが残るし肩を使うと痛くなってくるようでした。

例のごかけずとく、動きのチェックをしていきます。
前回の時にお教えしたチューブトレーニングは継続されていたようで動きは良くなっていましたが、ラットプルの動き(頭の上から両手で下に引っ張る動作)をすると肩の前の方が痛いようです。
ラットプルのトレーニングもやっておいてね~と言ってたのですが、その時点で中止するように伝えます。

肩って無理に動かして良いことはあまりないんですよね。筋肉も小さいし靭帯が多く関節の可動域も大きいので無理な動きや、痛みがありつつ続けてしまうと悪化する可能性もあります。

とりあえず、何も持たず負荷もかけず腕を上げていく動きをしてもらうと、どこかで引っ掛かりがあるんです。

▼引っ掛かりの原因を探せ!

肩を横から上げるときの動きに引っ掛かりが出るSさん。まずは腕をチェックします。上腕二頭筋(力こぶのヤツ)と、上腕三頭筋(二の腕のとこ)の間の筋膜をほぐしてあげます。さらに肘周りや手の母指球を揺らしてほぐします。
すると、腕の上がるスピードは上がりました!(力を入れなくてもスッと腕が上がる感じ)が、引っ掛かり感は残っています。

特に、腕を上げていくほどに引っ掛かり感が出ています。腕や肩だけの問題ではなさそうだ…。
そこで、腕を上げるときに一緒に働く筋肉は何かなー?と考えます。すると出てきた答えは「肋骨まわりの筋肉」でした。

肋骨には1本1本の間に肋間筋(ろっかんきん)というのがくっついています。呼吸が浅くなったりしていると肋間筋は動かなくなりがちです。さらに、呼吸が浅くなることで首の筋肉を使って呼吸することが増えるので肩が凝ります。
だから、呼吸が浅い人の首が凝っているからと一生懸命ほぐしてもすぐに元通り。呼吸に問題があるからです。

話がちょっとそれましたが、僕が肋間筋をほぐすよりも先にほぐしたのが「前鋸筋(前鋸筋)」でした。脇のすぐ下にある筋肉です。こいつを手のひらでグリグリとほぐしてあげると硬いコリのようなものがありました。
しっかりとほぐしてあげたのち、もう一度腕を上げてもらいます。すると引っ掛かりが取れて痛みなく腕が上がってくれました!

もし肩が上がらなくてお困りの方は、一度「前鋸筋(ぜんきょきん)」をほぐしてあげみてはいかがでしょうか?

院長牧野の施術論。また次回!!

腕を下げた状態
腕を上げていくと一緒に動く
ID @hey1020s

新規お友達登録で30分無料券プレゼント中!

下の「LINEでお友達追加ボタン」をタッチしてLINEにセントラル整体院をお友達追加してください。

パソコンの方は、お手持ちのスマートフォンでアプリLINEを開き、左のQRコードをスキャンしてお友達に追加してください。

JR線 成瀬駅目の前
町田市成瀬が丘2−28−1
電話・LINE・ホットペッパーでご予約ができます。