マッサージはなぜ気持ちいい?その理由3つ【科学的に解説します】

こんにちは!町田市成瀬のセントラル整体院院長の牧野です。

今回のテーマは『マッサージが気持ちいい理由』

 

☆お客様からのご質問をご紹介します。

・なんでマッサージって気持ちいいの?
・自分でマッサージしても全然気持ち良くないのはなんで?
・あまりお金はかけたくないんだけど…

今回はこんな質問に、鍼灸マッサージ師の国家資格を持ちマッサージ歴12年以上、院長として整体院を5年以上運営している僕がお答えしていきます。

☆本記事の内容

1.マッサージはなぜ気持ちいい?その理由3つ【科学的に解説します】
2.マッサージを「やってもらう」と「セルフ」の違い
3.お金をかけずに気持ちいいマッサージを受けるには

1.マッサージはなぜ気持ちいい?その理由3つ【科学的に解説します】

あなたがイメージするマッサージはどんなものでしょうか?

指圧のようにグイグイと押してもらうもの?エステのような肌をなでる様にしながらほぐしていくものでしょうか?
人によってマッサージも合う、合わないがあると思います。誰にやられても同じように気持ちいい…というわけではありませんよね。

なので、今回はそういった個人の感覚というよりも一般的にマッサージ=気持ちいいものと思われているのはなぜか?について、科学的な面からみていきます。

①皮膚体温の上昇、深部体温の下降

マッサージを受けた際に起こる身体の変化として分かりやすいのが「体温」です。

体温は皮膚体温(表面)と深部体温(身体の中心)では少し温度が違います。

元々、皮膚体温は深部体温よりも少し低くなります。これは内臓などの重要な器官が中心部に集まっている為と言われています。

マッサージを受けると、体温は上昇します。そして、体全体の温度が上がると手足から熱放散をして深部体温を下げようとします。
マッサージ中に「手足が暖かくなってきた!」とおっしゃる方が多いのですが、このためですね。

深部体温が下がるということは、身体が休息状態に入り芯からリラックスしていることを意味します。マッサージを受けていると眠くなったりするのも体温の変化が関係しそうです。

②幸せホルモンの発生

「幸せホルモン」、「絆ホルモン」、「抱擁ホルモン」などと呼ばれるホルモンをご存知でしょうか。それが「オキシトシン」です。
ハグやスキンシップをすることなどでオキシトシンが脳からたくさん出されます。

マッサージは直接、身体に触れるものなので、オキシトシンが出やすいというのは納得できそうです。
しかし実は、マッサージを行っている施術者の方が、マッサージを受けている人よりもオキシトシン量が多くなるという実験結果もあるようです。

つまり、触れられている人よりも触れている人の方が幸せを感じているということですね!

もちろん、マッサージを受けている人にもオキシトシンは出ています。が、例えば自分の苦手な人からマッサージを受けてもあまり気持ちよさは感じないでしょう。

そういった場合にはオキシトシンはほとんど出ていないので、マッサージを受ける側と施術者との信頼関係も重要です。つまり、施術者との相性によって気持ち良さだけでなく、効果が変わってくるということですね。

③自律神経の変化

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」という2種類が存在するのは、みなさん知っていると思います。

ストレスを感じると交感神経が活性化し、リラックスすると副交感神経が優位に働きます。
ご想像の通り、マッサージを受けると「副交感神経」が優位に働くことが分かっています。

特に、腰部あたりに手をそっと置いておくだけでこの副交感神経がより活性化します。

「てあて(手当て)」という言葉がありますが、人に優しく触れられているだけでなんだか心地良かったりしませんか?
赤ちゃんを寝かしつける際に、背中や腰のあたりをトントンしてあげたりしますが、それも副交感神経を働かせるためだったと思うと納得ですね。

2.マッサージを「やってもらう」と「セルフ」の違い

マッサージを「やってもらう」と上記のような変化が起こります。
それらにより、マッサージを受けると気持ちいいと感じやすいことは分かりました。

では、セルフマッサージではどうでしょうか。
これは多くの人があまり気持ち良さを感じないかもしれません。僕もお客様から「やってもらうと気持ちいいんだけど、自分でやるとこんなにできないし気持ち良くないのよね~」と、よく言われたりしています。

これの一番の原因は、「リラックスできていない」のです。

自分でマッサージをするということは、ある程度力を入れてやらないといけません。
すると、それだけで体には力が入ってリラックスすることができずに「ほぐそうとしている場所とは別のところで筋肉が緊張する」というのが起こってしまいます。

なるべく力を入れずにセルフマッサージをするためには「押さずにさすってあげる」「体の末端の方をマッサージする(頭、ふくらはぎや足先など)」「筋肉を揺らす」など。

なるべく体の力が抜けるようなやり方でおこなうことが大切です。ただ、人にやってもらうマッサージの気持ち良さには敵わないでしょう。

まだまだ機械(マッサージ機など)には負けられません!!

3.お金をかけずに気持ちいいマッサージを受けるには

ここまでお話してきましたが、こんな方もいらっしゃると思います。

「人にやってもらうからマッサージが気持ちいいのは分かったが、いつもお金を出してやるわけにはいかない。」
「働いていて忙しく、そんな時間の余裕もない。」

結論を言ってしまうと、お金も時間もかけたくない人は家でストレッチ&筋トレをしましょう!
残念ながら、コレに勝るものはありません。それに、身体を整えていくにはこの方法がベストです。
ぜひ、下の動画を見ながらまずは始めてみてください。どれも5分ほどでできちゃいます。

院長牧野が朝から生配信『寝起きストレッチ』

院長牧野が朝から生配信『超簡単!腰痛ストレッチ』

院長牧野が朝から生配信『チューブを使ったストレッチ&エクササイズ』

また、多少お金はかけられても、通う時間がない!という方は健康グッズを活用するのもひとつの手かもしれません。
・マッサージガン

力を入れずとも体のコリをほぐしてくれる優れモノ!あてるポイントが重要ですが、まずはなんとなくでもOK問題なし。
気を付ける点として、長い時間、同じ個所に当て続けてしまうと筋肉痛のようになってしまうので注意!

・ヘッドスパマシン

頭皮のコリをほぐしてくれるセルフヘッドスパマシン。あてる場所は、マスクを長時間していることで凝りがちな耳の周りや頭の横の部分(こめかみ付近)がオススメ!在宅疲れでイライラしがちな方にも◎

・EMS機器

足を乗せておくだけで、電気が流れてふくらはぎのむくみ対策に!
足裏も知らず知らずのうちに凝っていますので、足全体が疲れやすいという方におすすめです。

まとめ
新型コロナウイルスの感染拡大によってテレワークなどオンラインでの人同士の関わりが増えてきている現代において、肌のふれあいとかスキンシップの重要性はこれから高まってくるのではないかなあと感じています。
僕らのような職業はオンラインではチカラを発揮することが難しいです。
だからこそ、人とのふれあいを大事に生きていたいですね。

関連記事

  1. セントラル整体院が施術紹介CMを作成中!

  2. スタッフに聞いてみた!〜今年の夏は何したい?!〜

  3. 成瀬のセントラル整体院が車でイベント出店します!②

  4. 胡坐(あぐら)かけますか?

  5. 成瀬には〇〇院がいっぱい!セントラル整体院が違いを解説します…

  6. セントラル整体院院長のお昼ごはん屋さん

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。