薬膳茶

こんにちは。セントラル整体院スタッフの渡辺です。 今回は「薬膳茶」についてお話しようと思います。

薬膳で対応!今の時期に出やすい症状とは

東洋医学にある五行説の法則、木火土金水(もっかどこんすい)が循環しており互いに拮抗しているという考えでいうと、今の時期は土の影響が強くでている時です。

木…肝臓、胆嚢、目、筋肉など
火…心臓、小腸、舌など
土…胃、口、肌肉など
金…肺、大腸、鼻、皮膚など
水…腎臓、膀胱、耳、骨など

症状としては…

・消化機能が落ちて胃に入った食べ物が落ちていかない感じ
・胸がつかえた感じ
・肌に力がなく垂れ下がる感じ
・口内炎ができるなどの症状が出やすくなっています。ご自身の身体と照らし合わせてみて下さい。
いかがでしょうか…?
食べ物だと黄色い食べ物、甘味のある食べ物が良いとされています。

米、さつまいも、じゃがいも、落花生、カリフラワー、とうもろこし、りんご、大豆、生姜、ウニ、タイなど。

黄色くはないですが、今の季節は枝豆、茄子、黒豆、オクラなどもおすすめです。

お手軽!薬膳茶に使える食材をご紹介

さて、今回は薬膳茶について、いつものお茶に加えるだけの手軽な薬膳をご紹介。
まずは加える物の例です。

・黒豆…滋養強壮、月経不順、腰痛、アンチエイジング、血や水の巡りを改善、生活習慣病や疲労回復に
・菊花…肝の弱り、解毒、浮腫、身体の芯に熱をもっている(舌が黄色っぽい、目が充血など)、頭痛、のぼせ、めまい、イライラ、更年期などに
・クコの実…気力がない、耳鳴りめまい、足腰の脱力、目のトラブルなど
・サンザシ…脂っぽい食べ物を消化しやすく、身体を温める、血の巡りを改善、コレステロール、血圧を下げる、ダイエット、生活習慣病に
・なつめ…気力がない、血を増やし精神状態を安定させる、食欲不振、胃腸の調子を整えるなど
・とうもろこしのヒゲ…浮腫、利尿作用、高血圧予防、糖尿病予防、腎結石予防、腎炎予防など
・ローズ…温める作用、生理不順、気分を上げる、巡りを改善、肝の弱り、胸やお腹の張り、イライラ、ゲップ、婦人科トラブルなど
・陳皮…温める作用、気の巡り改善、胸の詰まり感、下痢、咳、痰など
・松の実…温める作用、血を増やす、皮膚、髪の潤い、空咳、便秘など
・キンモクセイ…温める作用、生理痛緩和、咳、痰など

薬膳食材を加えるベースの飲み物おすすめ(もちろんお湯でもOK)

「身体を温めるもの」
➜紅茶、プーアール、杜仲茶、甘酒
「温めも冷やしもしないもの」
➜豆乳、牛乳
「身体を冷やす」(※冷やすのは良くないと思いがちですが、末端冷え性でも身体の芯に熱を持っている方はけっこういらっしゃいます。舌がピンクより赤寄り、苔が黄色など。症状ではイライラ、頭痛、口の中が粘つく、身体のどこかに痛みがあるなど…)
➜緑茶、ジャスミン茶、ハト麦茶

材料を数時間漬けておくだけでOKです。ベースはお酒にすると薬膳酒になります。
おすすめはブランデー、ウイスキーで、ナツメやサンザシ、クコの甘味酸味が良く合います。
色々な組み合わせを試して楽しんでみて下さいね♪

薬膳食材をご紹介します【やる気が出ない方向け】

関連記事

  1. 胡坐(あぐら)かけますか?

  2. セントラルウェルネスクラブ成瀬に続き、セントラル整体院も本日…

  3. 内装工事の話③ by院長

  4. 正気と邪気 by渡辺

  5. どうして明け方に足がつるのか?

  6. アロマテラピーとは by出島

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。