肩こり対策ながらストレッチ3選【デスクワーク編】

どうも!町田市成瀬の整体院「セントラル整体院」の院長牧野です。

プロフィール
牧野徹也(まきの てつや)
専門学校卒業後、スポーツトレーナーとして高校や大学サッカー部などで活動後、セントラルウェルネスクラブ成瀬のインストラクターに。
鍼灸マッサージ師の国家資格を持ち施術歴12年以上、2015年頃から院長として整体院を5年以上運営している。
日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー

今回のテーマは『肩こりストレッチ』です!

☆読者さんのお悩みをご紹介します。

・デスクワークが増えて肩がガチガチ…
・仕事をしながらできるストレッチが知りたい!
・でも、三日坊主ですぐにやらなくなっちゃう。

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

目次
1.肩こり対策ながらストレッチ3選【デスクワーク編】
2.肩こりストレッチを習慣にするコツ

肩こり対策ながらストレッチ3選【デスクワーク編】

新型コロナウイルスによってテレワークでの仕事を余儀なくされた方も多いのではないでしょうか。
元々、デスクワークの仕事だったにもかかわらず、テレワークに変わったことでさらにパソコン仕事が増えてしまったなんて方も…。
そうなると気になるのが、「肩こり」ですよね。ずっと同じ姿勢でお仕事を続けてしまうことで、首や肩はガチガチ…。
そんなあなたに、デスクワークの最中でもすぐにできる簡単ストレッチをご紹介します。
まずは下の動画をどうぞ!

この動画の体操は、普段デスクワークで丸まってしまった背中にチカラを入れて背筋を伸ばしてあげます。肩甲骨を動かして肩こり解消をしていきましょう!

次の動画は、首のコリや痛みに対して胸の部分をほぐしていく方法です。
こちらもとっても簡単ですので、覚えてスキマ時間にお試しください!

最後は「頭ほぐし」です。肩こりから頭痛が出てしまう方も少なくないと思います。
この動画では耳の周りを中心に頭の筋肉をほぐしていく方法をご紹介しています。
最近はマスク生活が長くなっているので耳のまわりがこってしまうことも多くなっています。ざっとでも良いので覚えて使ってみてくださいね。

肩こりストレッチを習慣にするコツ

ここまで3つのストレッチ方法をご紹介していきました(ストレッチというよりほぐすのが多かったような…)。
ただ、ここまで見て頂いた方の中には「なんだか続かなさそう…」「なかなか覚えられない…」という人もいらっしゃるでしょう。

そこで、体操を習慣にするコツをお伝えいたしますね。

①条件を設定する
②メモやパソコンなど目に付くところに貼っておく
③日常動作に組み込む

一つずつ見ていきましょう。
仮定として、ここでは自宅でのテレワークによるお仕事をしている方と想定します。

①条件を設定する

体操を行う際の条件を設定しておきます。
例えば、
・1時間ごとに休憩がてら体操をおこなう
・トイレに立ったら体操する
・お昼ごはんのあとは必ず体操する

…などです。
1時間ごとなどの時間を区切って行う場合には、アラームをセットしておくことをおすすめします。
パソコン作業などはどうしても時間を忘れて集中しがち。時計をみることさえも忘れてしまうからです。

②メモやパソコンなど目に付くところに貼っておく

これは、先ほどの条件をすぐ目に付くところに貼っておきます。
例えば、パソコン画面の端っこやキーボードの端っこ、目の前に壁があればその壁に貼っておいても良いでしょう。
さらにはトイレの壁などにも貼っておくと効果的です。

③日常動作に組み込む

上記の①②では、「体操をやる」ということを思い出させるためにもぜひ試してもらいたいところですが、「③日常生活に組み込む」はその最終段階とも言えます。
人間の脳は基本的にラクをしたがります。
「どうしたら最小限の活動量で生きていられるか」を常に考えるようにインプットされているわけです。
なので、自分は三日坊主で…根性が無くて…などとは思わなくてイイんです。
それはあなたの脳みそにプログラムされた通常の感覚なのですから。

では、それに対抗して何かを続けたり習慣にしていくにはどうすれば良いか?
答えは「脳を使わない」ようにすることです。

あなたには、なんとな~く毎日やっているものはありませんか?
例えば、朝イチのコーヒーとか、食事中のテレビとか、朝のシャワーなどなど(僕ですね…笑)。

それらはどれも脳をほとんど使っていない活動なんです。
つまり、体操をする際も脳に「さあ、やるぞ!」と活を入れなくても体操を始められるようにしなければなりません。
ではどうするか?

僕のおすすめはお風呂です。お風呂では必ず頭を洗ったり、体を洗ったりするはず。その時に今回の頭ほぐしや胸ほぐしをやる。やり方は多少覚えておかなければなりまんせんが、あまり細かいところは気にせずにまずはやってもらってOK!

合わせ技として、お風呂の脱衣所の壁にも「体操(ほぐし)」とメモを貼っておけば、なお効果的でしょう。

要するに、やるかやらないか、いつやるのか、どのくらいやるのか、などは事前に考えないようにしておくということです。そうすると、脳がラクしようと考える前に実行することができるわけです。

ちなみに、僕もこの文章を朝起きてから1分後に書き始めています。このときは何も考えないで、ただパソコンを開き、電源を入れ、座る。笑

というわけで、最後がちょっと長くなってしまいましたが習慣にする3つのコツ、よかったらお試しくださいませ!

あなたの参考になればうれしいです♪(^^)

ホットペッパーで予約

Eパークで予約

関連記事

  1. まん延防止等重点措置に伴う営業時間短縮について

  2. 施術動画の第一弾ができました!の話

  3. 整体は保険適用になりません【整体院の院長が解説します】

  4. セントラル整体院と学ぼう!「フレイル編」

  5. YouTubeライブ配信をやる理由

  6. セントラル整体院と学ぼう!「サルコペニア対策編」

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。